* おたくOLのささやかな休憩タイム *

シチュエーションCDのあらすじや感想、その他雑記などを書いていきます。古い作品についての投稿もすると思います。自分の記録用ですが、読んで楽しんでいただければ嬉しいです。なお、更新は不定期です。

コイビト未満・・・? 橘瑛太 (CV.佐和真中)

f:id:ki46:20160226025532j:image

コイビト未満・・・? 橘瑛太 (CV.佐和真中)
 

トラックリスト

1.覚えてない?
2.バイト終わりのごはん
3.ふたりの気持ち
4.好きな人、限定
5.今週の予定
6.一緒におふろ
7.ねえ、先輩?
 

アニメイト限定盤「コイビトの罰ゲーム」

ステラワース限定盤「オモチャで遊ぼ♡」

 

▼橘瑛太

19歳、飲食店ホールスタッフ。アナタのバイト先の後輩。人懐っこい性格でモデルのような容姿をした瑛太には、常に女性の影が絶えない。自分とは別世界の人だと感じたアナタは距離を置くようにしていたが、ある朝、目を覚ますと隣には瑛太が寝ていた。

 

▼特設サイト

コイビト未満・・・? | milky chain

 

--------------------------------------------

 

「もう朝…?」

目覚めると、隣にはバイトの後輩くんが。びっくりする主人公。「誘ったの、先輩の方だよ?」といわれ、まさかしちゃったの....?と思いきや、酔っ払って具合が悪くなり、ふらふらになった主人公を、瑛太が送ってきてくれただけでした。「先輩の作ったご飯食べたい!」というリクエストに応えてご飯を作ることに。瑛太は、主人公のまかないを食べる目的で今のバイトを始めたと言っていました。

ここで改めて昨日の飲み会の話を詳しくされました。どうやら主人公が座ったテーブルは結構お酒を飲むグループだったらしく、酔いが顔に出ない主人公はたっぷりお酒を飲まされてしまった様子。瑛太がテーブルに座った時は既に飲みすぎた状態だったようです。「気付かなくてごめんなさい。」

 

なにやら事情があるらしく瑛太に電話が何度もかかってきます。「帰ります。」という瑛太だけど、「俺泊まったんだし、普通の男友達よりも、一歩リードしてる気がするんだけど...?」と口説いてきます。主人公は「冗談やめて」と軽くかわして終了。

 

 

主人公のバイトが終わり、外へ出ると、瑛太が電話をしていました。瑛太はこちらに気付き手を止めて「一緒してもいいですか?」と言います。しばらく待つ主人公でしたが、なかなか終わらないので先に帰ってしまいます。

そんな主人公を瑛太は追いかけてきて、いきなり手を繋ぎます。けど、主人公に「放して。」と言われたのでしぶしぶ手を離す瑛太。

「今日先輩冷たいなぁ...もしかして俺が女の子と電話してたから?...それはないか....。先輩俺のこと気にしてるはずない...ですよね...?」

「先輩の元彼って...どんな人?どんな男がタイプ?」

あれこれとタイプの候補を挙げますが、年下らしいお茶目さで、"瑛太みたいなタイプ"と言わせます。無理やり言わせた感じだけど、瑛太は嬉しそう。そのあとは瑛太に誘われてご飯へ。

 

食事をしている2人。台風が近付いているらしいです。デザートを頼むときに、主人公がスフレをセフレと聞き間違えたことから、瑛太の女性関係の話になっていきます。

瑛太には、身体だけの関係の人がいたみたいです。バイトの人にそのことを話したら、セフレがいるという噂が流れてしまったとのこと。でも、好きな人ができたのでしっかり別れたらしいです。瑛太くん、しっかり主人公を家まで送ってくれました。携帯番号もゲット。

「何でも言って!すぐに駆けつけるから、そのくらいじゃないと、俺の気持ち、伝わらないでしょう?」

だんだん風が強くなってきました...。

 

 

外は台風です。主人公の部屋は停電になってしまったみたい。ふとした拍子にグラスを割ってしまいます。そこに瑛太から電話がかかってきました。主人公は電話中にガラスを踏んで怪我をしてしまいます。

 

しばらくすると、びしょ濡れの瑛太が来ます。懐中電灯、ちりとりと箒、スリッパも持ってきてくれました。急いで走ってきてくれたみたい。手際よくグラスを片付ける瑛太。

 

「先輩が心配だったから、どうしてもそばにいたくて。意味...わかる?」

主人公は瑛太の気持ちに気付けていません。ここで瑛太に告白をされます。「台風で帰るわけにはいかないし、振られたまま一緒にいるのもきつい。」と瑛太くんそわそわ。主人公からのお返事は、「好き...かもしれない。」との事でした。

主人公は人を好きになったことがなかったんですね。予想外なお返事をもらえて嬉しくなった瑛太。主人公を一瞬抱きしめます。

「先輩のペースに合わせるから、ゆっくり付き合おう。少しづつでいいから、俺のこと、彼氏として意識してくれればいいので。」

こうして付き合うことになった2人。瑛太の提案でトランプでババ抜きをすることになりました。瑛太はババ抜きが得意との事。罰ゲームは"モノマネ"でゲームがスタートします。

 

 

気付けば朝になっていました。2人とも寝落ちしてしまったようです。ババ抜きの結果は瑛太の勝ち。「モノマネは冗談だよ」と笑いますが、急に真剣になって、「モノマネの代わりに、キスしちゃだめですか?」と言います。承諾する主人公。フレンチの可愛い初キスをします。

電気もつくようになり、グラスも掃除機をかけて片付け終わったところで、瑛太は帰ろうとします。そこで引き止める主人公。台風の一件を通して、"好きかも"が"好き"に変わっていました。嬉しいと抱きつく瑛太。「先輩の事、大事にするから。」と言いキスをします。

 

「あのさ...してもいい...?」

聞くと、この前の飲み会で泊まった日からずっと我慢していたみたい。主人公も承諾して、甘々スタート。

初めてで緊張している主人公に対し、優しく丁寧にすすめてくれる瑛太。かわいいを連呼されて赤面。痛みがあるかも聞いてくれて、ゆっくり〜ゆっくり〜。でもやっぱり夢中になっちゃう感じが堪らんです。プレイボーイくんだけど、好きな子にはそうなっちゃうよね。

「まだ時間ありますよね...?まだゴロゴロしててもいいですか?」

「俺キスもすき。好きな人限定...だけど?」

 

 

お店の外で待っていると、中からバイトが終わった瑛太がでてきます。バイトの人には主人公と付き合っていることは報告済みなようです。手をつないで一緒に帰ります。

スーパーで買い物を終えた2人。袋は瑛太が持ってくれました。帰り道にかわいく「人見知りなんかしたことなかったのに、先輩には話しかけられなかった。」と告白してくれます。この前の飲み会も他の人に送らせたくなくて、自分で立候補したみたいです。手を出したかったけど我慢して、"地獄のお預け状態"だったとのこと。帰り道で盛り上がってきてしまう2人。瑛太がわがままを言うのがとてもかわいいです。

「はやく家に行こうか。イチャイチャしたい。」

 

 

「ごめん。なんか、お風呂上がるのが待てない....我慢できなくて...。」

場面はお風呂。2人でいっぱいキスしてます。主人公はすればするほどいろいろと開花しているらしい。瑛太の言葉責めがエロエロです。後ろからして終わりだけど瑛太息が上がりっぱなし。

 

お風呂から出てご飯食べたみたいです。瑛太によばれて隣へ。「充電しないと。」と抱きつかれて、「よし、覚悟できた!」というと、主人公にバイト先の社員になることが決まったことを報告します。そして「先輩、一緒に暮らそう。」と言ってくれます。主人公のお返事はもちろんYES。お互いの家に挨拶に行く約束をして物語は終わります。

「ありがとう。俺と一緒にいる事を選んでくれて。これからもずっと、一緒にいようね。大好き。」

 

 

■ステラワース特典

夜に瑛太が主人公の家に遊びに来ます。お友達と遊んでいたらしく、同棲が決まったお祝いに、友達が"お菓子"をくれたようです。主人公がコーヒーを用意してくれている間に瑛太はその袋をゴソゴソ。しばらくすると動揺する声が。

「う、ううん....なんでもないよ!!これ、お菓子じゃなかったよ、すっごくつまんないものだったから、俺このまま持って帰るね!!!」

「怪しい。」と主人公は瑛太の持っているものを覗こうとします。観念して「分かったよ...」と瑛太が見せたのはオトナのオモチャでした。主人公は初めて見る様子。お試しにとちょっと首に当てると反応してしまう主人公。

 

「いろいろ試してみようか。オモチャで遊ぼ...?」

イチャイチャスタート。オモチャの方が良いのかな?なんて嫉妬してしまう瑛太。中に入れてみたり当ててみたり。瑛太くんちょいSです。

まずは主人公が先に。「つかれた?平気?」とちゃんと気遣ってくれます。続いて瑛太。オモチャも使いながら頑張ります。主人公の反応にいつもより良くなっちゃった様子。お風呂に一緒に入る約束をして抱きつきながら休憩して終了。

 

 

アニメイトはちょっと注文時のトラブルが原因でまだ聴けていません。が、本編とステラ、すごく良かったです!!年下くんの役なので、佐和さんの声が若くて、「あ〜こっちの方が好きかも」なんて思ったり。

年上の役をやる時は、ゼイゼイしていても、どこか余裕を持った感じだけど、今回は若さ爆発気味で、特にしてる時なんかはよがりまくってます。ずっと登っちゃってて、いっぱいいっぱいでとにかく苦しそう(→エロすぎるって意味ですw)。

「もうもたないかも」って言ってから越えるまでも長くて、さっきからくどいけど、発言もタイミングも声も本当若い!!!お姉さんはノックアウト状態です(笑)

 

シナリオもかなり良い感じでした。瑛太はチャラっとしているけど、主人公に対しては慎重な探りを入れてきたり、真剣になるところはちゃんと真剣になって。

わがままを言う時はここぞとばかりに年下特権使ってきます。トラック"今夜の予定"のフェードアウト直前の会話は、もう可愛くて可愛くてたまりません。からの、いきなり甘トラックで余裕のない感じがまた、「年下の彼氏って良いよなぁ」と思えるポイントを突いて来ていて、ライターさんよく分かってます。実際に年下の彼氏がいるんじゃないかと思えるほどに(笑)

 

ステラ特典はオモチャを見せて〜という主人公に対して、頑張って隠そうとしてる瑛太が可愛かったです。声も右にいったり左にいったり。きっと後ろに隠してるんでしょうね。この時の演技とても好きです。イチャイチャはオモチャも使って、ということですので、本編より気持ちが盛り上がってる感じがまた良かったです。

 

佐和さんの演技は無類で結構好きだったけど(でもイイナリだけはやはり系統的にだめw)、声色や喋り方だけではなくて、過程とか些細な間もちゃんと年齢に合わせてるんだなと、改めて感心する作品となりました。個人的には添い寝の永峰環と並ぶくらいに良い作品だったかと思います。

 

佐和さんの好きな方、日常系の好きな方、一途に年下の男の子から愛されたい方は是非聞いてみてください。