CosocoSo

PRODUCE 101 JAPAN SEASON2 #5の感想など。

第1回順位発表式終了~。
子供を見守る親のような気持ちになってしまって心臓が持たん。

とりあえず髙塚くん金髪似合いすぎてて変な声でた。色白っぽいから、色素の薄い髪色がとてもあってる。

f:id:ki46:20210506235149p:plain

f:id:ki46:20210506235323p:plain

 

髙塚君に関しては、もともとの順位が上位なのとグループ評価のベネフィットが入ったので、41位以下ということはよっぽどのことがない限りないだろうという気持ちだったけど、やっぱりドキドキしたな。

f:id:ki46:20210506235444p:plain

f:id:ki46:20210506235916p:plain

まずは、60人の中から僕を選んで投票してくださった、国民プロデューサーの皆さん、本当にありがとうございます。十分今の順位でも高い評価だと思っていますが、僕の目指しているのはデビューのその先だと思っているので、もっとアイドルとしてだけではなく、人としても成長した髙塚大夢を皆さんに見せていけたらと思っているので、是非、これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

f:id:ki46:20210507000854p:plain

後ろで髙塚くんのコメントを聞きながら篠原くんがひたすら「ウンウン」ってうなずいていたので、この2人のアイドルを目指す熱量良いなって思った。いろんな意味で、混ぜたら危険なのか混ぜたら最強なのか...(by S1セットアップお兄さん)

個人的にAGEHA2組は全員ランクインして欲しいという気持ちがあったので、零士くんと航大くんと世羅くんが脱落(※)して悔しい感じもあったけど、ランクインできたみんなはその人達の分も背負って次の課題も頑張ってもらいたい。
(※)航大くんは後に繰り上がり



そして、最後に古瀬くんの新型コロナウイルスによる活動参加断念。

f:id:ki46:20210507004622p:plain

この時のコメントが本当に酷くてびっくりした。最初に辞退報告の映像を出せだの、延期しろだの。まあ、そういうことを書いてる人のほとんどが社会に出たことがないようなアレな方なのかなと思ってるんですけれども。

感情任せの発言をする前にいろいろ考えてほしいのだけど、じゃあ先に辞退の映像流したとして、この場面を国民プロデューサーはどういう気持ちで見ればよかったの?

f:id:ki46:20210507005141p:plain
生き残れるか脱落かの瀬戸際、2人の真剣な表情、名前を呼ばれて涙を流す内田くん、ここまでかという顔で唇を噛みしめる髙橋くん。このシーンがただの茶番になるとか考えないのかな?「古瀬くんが辞退するから2人とも残れるよ、よかったね。」とでも言うつもり?

撮影を延期しろ?簡単に言うけどさ。半年以上前から予約しているであろう会場をキャンセル&返金して、変わりの場所を探して再度使用料を払って、メイク・スタイリスト・カメラマン・録音・照明・会場設営会社・ナインティナイン・練習生、全てのスケジュールを調整して、協賛している会社に頭を下げて。

それがどれだけ大変なことかちゃんと考えないのかしら。

f:id:ki46:20210507011752p:plain

そもそも、国民プロデューサーよりもより近くで古瀬くんのアイドルになりたい強い思いを聞いたり、汗を流して夢に向かって練習する姿を見守ってきたであろうスタッフたちと話し合いを重ねて出した「活動参加断念」って答えなのよ。苦しくないわけないじゃん。

と、なんかヒートアップしてぶちまけてしまいましたが...。結局恨むべきはコロナで、古瀬くんでも運営でもないんですよね。怒りのぶつけ先がないからこそ感情的にもなるんでしょうけれども。無限大で甘えを許さないプロ意識と実力が注目され始めてこれからという時に本当に残念です。



さて。

今日からは1人2票か。少ない...。なんとなく「いいな~」で選ばれていたであろう子が容赦なく落とされていく世界に突入したなあ。

私は佐野くんが...佐野くんが本当に心配です...。今後実力派が生き残り、キレのいいダンスや歌唱力を見せつけられる中で「それでも佐野くんがいい!」とファンの1/2枠をキープできるのか否か。

あとは、キラキラ篠原 vs 冷め冷めDK's騒動を経て、波留くんの順位に変動があるかどうか。うん...やっぱりなんだかんだマンネは愛嬌大事だから。ファンにとっては「カメラに映る波留くん」が「波留くんの全て」になるし、逆を言えばカメラの前で笑ってればマイナスには絶対ならんから。ファンとお兄さんたちみんなから可愛がられる弟であってくれ。(謎の親心)

ORβIT「Dionaea」の半端ない透明感を望むまで(まで)

ORβIT「Dionaea」

外の喧騒 揺れる過去のよう
えぐる傷を 一人なだめる

窓に映る Dionaea
遠くにいたとしても
まるでここにいる 左隣きっと
見つめあい 影に手伸ばす

Your love 届かないならいっそ
離れずにそばにいよう
「この蜜を辿って」 何度でも言うよ

ぎゅっと 抱きしめ
ぎゅっと 朝まで
ぎゅっと Baby girl I need you in my life

望むまで (まで)
このままで (まで)
守りたいんだ君を

望むまで (まで)
このままで (まで)
焦らず We going slow we going slow

Yeah 何気ない君の癖ひとつ
気づけば僕にもうつってる
「真似しないで」 そう言って
また拗ねてるのが愛おしい

軽い吐息だけでいい
瞬く間に癒える 間違い
脆い心隠し通すために必死に joking
吐き出しそうに
強いフリを無理して増す痛み
このウソは 誤魔化せない
Will you be my wing

Your love 届かないならいっそ
離れずにそばにいよう
白い花辿って 見守るよずっと

ぎゅっと 抱きしめ
ぎゅっと 朝まで
ぎゅっと Baby girl I need you in my life

望むまで (まで)
このままで (まで)
守りたいんだ君を
望むまで (まで)
このままで (まで)
焦らず We going slow we going slow

春の夜空を見上げながら
そっとそっと 優しく包み込もう
どんな困難からも 愛で守り抜けるように
祈りながら ここにいるよ

ぎゅっと 抱きしめ
ぎゅっと 朝まで
ぎゅっと Baby girl I need you in my life

望むまで (まで)
このままで (まで)
守りたいんだ君を

望むまで (まで)
このままで (まで)
焦らず We going slow we going slow

引用: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/orbit/dionaea/


プデュS2が始まった影響もあって、見れていなかったS1を見たり、JO1のPVやファンが作ったメンバーのココスキ動画をサーフィンしているんだけど。

いきなりオススメされたORβITの「Dionaea」MVをクリックしたら、曲が終わる頃には、わいの汚部屋にミントの香りが漂い(幻匂)、森林が広がり(幻覚)、鳥が鳴いていた(幻聴)。

f:id:ki46:20210504222451p:plain

私この「Dionaea」っていうタイトルと、歌詞のセンスが本当に素晴らしいなと思っていて...。

まず普通に曲を聴けば、遠くにいる恋人を大切にしてるって曲なのかなって感じだけど、なんとタイトルのDionaeaの意味は「ハエトリグサ」なんですよね。

f:id:ki46:20210504222331p:plain

ハエトリグサ(蠅捕草、Dionaea muscipula)は、北アメリカ原産の食虫植物。別名、ハエトリソウ、ハエジゴク。葉を素早く閉じて獲物を捕食する姿が特徴的で、ウツボカズラと並ぶ有名な食虫植物である。 引用:Wikipedia


なんかそれを聞いただけで曲が全然違う印象になってくるし、解釈も様々になってくるじゃん。

守るために優しく抱きしめるけど、大切にすればするほど恋が壊れていく今後を表しているのかもしれないし、届かないならいっそ離れずにそばにいよう=(虫と食虫植物という)叶わない恋なら一緒に死んでずっとそばにいようと言っているのかもしれないし...。

f:id:ki46:20210505031514p:plain

それで、だ。

すごい上から目線になるけど、私、あの最近よく"日記にBGM付けました"みたいな曲があまり好きじゃなくて。(さらに言えばそのような歌詞の類を「"ストレート"な歌詞」って紹介されるのも好きじゃない。)

やはりアーティストさんたちには、私のような凡人では到底思いつかないような想像力で、言葉では表しきれない感情だったり想いというのを目で、肌で感じて、それを歌詞・歌声・ダンスなど様々な方法で表現して欲しいなという想いがあるので、久々に心から良いなと思う曲に出会えたというか、とにかく感動しました(語彙力の限界)

普通、葉が閉まる様子をみて「抱きしめる」って発想が出てこないだろう...。

生きるために虫を捕食するハエトリグサも、もしかしたら私たちの知らないところで触れれば触れるだけ傷つけてしまう虫さんとの恋の物語があったりしたのかなと思うと切なくなりますね。



あと、MVの途中でロゴが3種類出てくるのですが、その答えはORβITの公式サイトにありました。

f:id:ki46:20210505032617j:plain

本来日韓合同のグループなのですが、きっとコロナで活動を一緒にできていない韓国の仲間へのメッセージも込められているんでしょうね。

ということでORβIT「Dionaea」の紹介?でした。

Royal Wedding~王子様と偽りの花嫁、ですって?

f:id:ki46:20210426233115p:plain
とうとうリヒト王子と結婚できるらしい(笑)

と思ったけど、

恋人として結ばれる前に、偽りの花嫁と花婿を演じなくてはならなくなった”もしも”のおとぎ話

とのこと。

ってことは久々に超ネガティブリヒト登場か?(歓喜

f:id:ki46:20210426232451p:plain

しかも今回はエピローグがない?っぽくて、プレミアムエンド特典は全員ダイヤ50個。
両エンド特典は色違いのブーケみたいだ。かわいい。

f:id:ki46:20210426233314p:plain

正直リヒトのストーリーだけ見れたらいいかなと思ったけど、全プレミアムエンド特典が青い綺麗なドレスで、リヒトのイメージカラーが青だからちょっと欲しいなと思っている。

 

とりあえず今はバライベント。
リヒトのストーリー解放までもう少しだから地道にポチポチしていくよ。

AGEHAにて髙塚大夢に心を持っていかれた

f:id:ki46:20210426200944j:plain

AGEHAの髙塚大夢が伝説級だった。

 

 

 

 

グループバトルで、課題曲はGENERATIONS from EXILE TRIBE の「AGEHA」に決定。

f:id:ki46:20210426004740p:plain

ダンスが得意なテコエくんがリーダーになり練習を進めるが、トレーナーレッスンでKENZOから「ダンス経験者と未経験者の差がめちゃくちゃ激しい。」と指摘され、さらにはテコエくんから「(現状では)勝てない。」と厳しい一言がメンバーに告げられる。

f:id:ki46:20210426004052p:plain

f:id:ki46:20210426003552p:plain

それに対し「通し練習ももっとした方がいい。」と意見を出す髙塚くん。しかしテコエくんも「ダンスの成長が見られない状態で通しをやっても。」という想いがあり、話し合いを重ねる2組。

f:id:ki46:20210426003729p:plain

f:id:ki46:20210426003837p:plain

 

f:id:ki46:20210426011137p:plain

f:id:ki46:20210426011214p:plain

 

f:id:ki46:20210426011247p:plain

f:id:ki46:20210426011326p:plain

経験者と未経験者の足並みを揃えるために、1ステップ1ステップ完璧にしながら進めようと引っ張ってきたテコエくんと、もっと他のこと(歌や表現など)にも時間をかけて取り組んだ方がいいという髙塚くん。テコエくんはリーダーとしての自信を少し失ってしまったようでした。

 

翌日。練習室には1人練習に励む髙塚くんの姿が。

f:id:ki46:20210426002734p:plain

手ごたえを感じないのが悔しい。なんとか、グループ全体を良い方向にもっていけるように足を引っ張らず頑張っていきたい。

 

ダンスバトルもして良い雰囲気が戻ってきた2組。ダンス初心者の髙塚くんですが、ボーカルはメンバーから「飛びぬけて上手い。」と言われるほど。

f:id:ki46:20210426012436p:plain

先日テコエくんから「成長していない。」と言われたダンスも、努力の積み重ねで良くなってきて、テコエくんの指導にも熱が入ります。

f:id:ki46:20210426002946p:plain

f:id:ki46:20210426012633p:plain

f:id:ki46:20210426012825p:plain

隣で練習しているチームからも「楽しそう」「エナジーがある」と言われて嬉しそうな髙塚くん。

f:id:ki46:20210426013014p:plain

f:id:ki46:20210426013241p:plain

 

 

合宿最終&リハーサルを終えて。

f:id:ki46:20210426013428p:plain

f:id:ki46:20210426013458p:plain

f:id:ki46:20210426013519p:plain

最初集まったときは6人の方向性とか経験とかスキルとか、熱量でさえもバラバラだったけど、今はみんな同じ方向を向いていると思うので、6人それぞれの個性とか熱量をみなさんに感じていただけたらなと思います。-福島零士くん

 


そして、最高すぎる本番のパフォーマンスへ。


ハモリ、最初のサビの I GET "HIGH"のビブラート、そして伸びやかな高音まで、のどから出る全てが最高すぎ。 

f:id:ki46:20210426014438p:plain

 

 

さてグループバトルの結果はどうなるのか...。

f:id:ki46:20210426014532p:plain

各担当ポジションごとに票が開示されて行き、1組135票、2組80票と圧倒的な差が。本人たちは本番を終えた安堵とステージの興奮と勝敗の行方で暗算できていなかったと思いますが、正直票差は一目瞭然です。

f:id:ki46:20210426014700p:plain

 

 

残るはメインボーカル。そして開票の瞬間...!

f:id:ki46:20210426015131p:plain

f:id:ki46:20210426015157p:plain

この顔、そして二度見。入った票数が大きすぎて一瞬で勝敗が分からなくなりました。

 

そして画面に映し出されたのは。

f:id:ki46:20210426015440p:plain

f:id:ki46:20210426015523p:plain

巻き返すどころか約20票の上乗せまでした2組「188票」と、クソでかガッツポーズの髙塚大夢。いや、すごい...本当に凄すぎる...。

f:id:ki46:20210426015832p:plain

f:id:ki46:20210426015931p:plain

練習についての話し合いでは割れかけたメンバーの間に入り、本番前には笑顔で「今は僕たちは同じ方向を向いている。」と自信をもって話してくれていた零士くん。勝利の嬉しさと今までの練習の日々を振り返って感情があふれたのか大号泣。

f:id:ki46:20210426020828p:plain

f:id:ki46:20210426020926p:plain

f:id:ki46:20210426021013p:plain

 

 

f:id:ki46:20210426201040j:plain

 

ということでね。

正直ウルウルきたし、とにかく聞いていて本当に爽快で安定感のあるボーカルでした。踊りながら生歌であれだけ歌える人他にいるのかな?絶対にデビューしてほしい。

 

f:id:ki46:20210426201055j:plain


髙塚くんを見ているとNiziUのニナを思い出す。彼女も「歌はすごくいいからダンスを頑張って。」とJ.Y. Park言われていたはず。
さすがにあと数か月で経験者と同等に並ぶというのは難しいと思うけど、ニナもオーディション最後あたりには「経験者に交じって踊っても、悪目立ちをしなくなった。それは本当にすごい事です。」って感じの評価を受けていたはず。

髙塚くんにはボーカルを最大の武器にして、未経験なダンスもニナと同じ評価を目指して頑張ってもらいたいです。全力で応援しよう。

 

あと髙塚くんの話が中心になっちゃったけど、ステージに立った零士くん変わりすぎでは?!ラップと観客への煽りが凄いかっこよかった。

汗まみれで息を切らしお世辞ともかっこいいとは言えない練習姿から、衣装を身に着け化粧をして本番にバチッとスイッチを入れてアイドルに変貌する姿が見られるのはプデュの見どころの一つ。

次のバトルも楽しみじゃ~。

プデュはやっぱりワクワクするな

f:id:ki46:20210406231119j:plain

PRODUCE 101 JAPANというサバイバルオーディション番組があってだな。知らないうちにSEASON2が始まってた。言ってよ!w


気付けば「アイドル」というものも時代と共に形を変え、「憧れ」から「共感」の時代が訪れている。オーディションと言えば、有名プロデューサーらがダンス&歌&タレント性を評価して逸材を見つけるというイメージが一般的だが、この番組ではプロデューサーの役を我々一般人が担う。

アイドルになる夢叶えるために必死にダンスや歌の練習に励み、時には先生に怒られて悔し涙を流し、それでも立ち上がって成長していく姿を、視聴者は番組を通してオープンに見ることができる。そして最終的に「人から応援される」というアイドルにとって必須ともいえる才能を持つ11人を投票で選ぶのだ。


SEASON1で夢を掴んだ11人は現在「JO1(ジェイオーワン)」というグループで絶賛活動中。


PRODUCE 101が、日本以上にアイドルにダンスと歌の完璧さを求めてくる"韓国からきた番組"ということもあり、それが日本版にもよく反映されている。誰をフォーカスしてもプロのパフォーマンスだ。(11人のこの中にダンス未経験者がいたなんて信じられん。)




そして迎えたPRODUCE 101 JAPAN SEASON2。
「Let Me Fly~その未来へ~」というテーマソングが公開された。

練習生たちの想いと希望を乗せたテーマ曲。振付は「PRODUCE 101 JAPAN」を象徴する”ピラミッド”と、コンセプトである”ツバサ”が盛り込まれており「練習生をもっと大きな世界へ連れていく」という意味が込められている。


正直、本家のPRODUCE 101のテーマってサビがパッとしないなぁと思うことがあったけど、日本版のテーマソングはツカメ~It's Coming~もしかり、「ここで盛り上がってもらって!今から!サビ行きますから!!!」というのがハッキリとした曲作りで嬉しい(笑)


そして、やはり気になるのはセンターの存在。

SEASON2は木村 柾哉(きむらまさや)さんとのこと。初代のセンターをつとめた川尻蓮さん同様、アイドルとしての魅せ方が半端ない...。

個人的に、アイドルって歌唱力やダンスの上手さと並んで「魅せ方の上手さ」の比率が結構あるかなと思っていて。1秒映るか映らないかの、しかもどこを抜かれるか分からない一瞬のシーンで「あっ、この子良い!」って思わせないといけないわけだから。

やっぱり途中途中で素人臭さがちょっと出ちゃう人もいる中で、どんな時にカメラが戻ってきても"カッコ悪いシーンがない"っていうのは、私のようなアイドルニワカにも「この人はなるべくしてセンターになっている。」、そんなオーラみたいなものを感じさせてくれた。


私個人の話をするなら、木村さんの斜め後ろにいた尾崎匠海さんが気になったけど、全員公式の写真と映像で映った姿が違いすぎて、探すのにすごい苦労した。(映像のが100倍かっこよかった。)パフォーマンス全体が凄く楽しそうで、サビで大きい口を開けて歌っている姿がキラキラしていてめっちゃいいなあ~と思った。

っていう感じでね~PRODUCE 101 JAPANはやっぱりワクワクする。今後もちょこちょこ動向を見守るとします。

イケメン王子の第6王子、リヒト=クラインの魅力を紹介したい

※めちゃくちゃネタバレします。

f:id:ki46:20210405160224j:plain

サイバードが配信しているイケメンシリーズの中の「イケメン王子~美女と野獣の最後の恋~」というアプリゲームをここ最近ずっとやっている。

かくかくしかじかあり、次代の王を選ぶことになった庶民の主人公(自分)と、8人の王子との恋の物語が主軸になっていて、「王を選んだ後は、2度と会うことができない。」という誓約がある設定でストーリーが進むので、キャラクター毎にそれぞれどういう結末を迎えるのがとても楽しみなシナリオになっている。

さらにどのキャラクターを選択しても、途中から「情熱の愛ルート」「真実の愛ルート」の2エンドが用意されていて、選択によって最終的に選ばれる王も様々だ。


さて、ここからが本題だが、私のお気に入りは第6王子 リヒト=クライン。なんとこの王子、(現段階では)どちらのルートでも王に選ばれなかった唯一の王子である。

闇深いキャラクター背景と、他の王子にはない成長のストーリー

  • 人間嫌い×クーデレ
  • 小さい頃に母から虐待的な教育を受けていた
  • 誕生日の前日に、双子の弟をかばって母親を殺した
  • その日以来、人と関わることをやめ、笑わなくなる
  • 母親殺しという苦悩を抱え続け、戦場出れば死に場所を探して無茶な戦いを繰り返す
  • 夜は悪夢にうなされて眠れず、一人隠れて自傷行為をしている


これがリヒトというキャラクター。
確かに「こんなやつ王にできん。」な王子だが、キラキラした乙女ゲームばかりやってきた私にはこの闇だらけの王子が妙にヒットしてしまった。

他の王子が「恋」を中心に様々な障害や葛藤を乗り越え、感動的で200%のハッピーエンドを迎える中、この第6王子のストーリーだけは、人との関わりを断ち闇の中で孤独に生きてきた青年が、人と人との繋がりに再度向き合い、光ある未来へ最初の1歩を踏み出すストーリーだったのである。一人だけ路線がまるで違う。

エンドを迎えた後も幸せにはなり切れず、相変わらず過去の悪夢にうなされ続けるし、眠れない夜は主人公と身体を重ねることでまぎらわせ、そんなリヒトを主人公も受け入れている。恋人同士ではあるけど、なんとも関係性がビターでそこが魅力。

「オオカミ」というモチーフ

イケメン王子は各王子にモチーフの獣がおり、リヒトのモチーフは「狼」。

獰猛なイメージがある狼だが、実は気を許した相手には甘えたり、忠誠心が強く、恩のある相手のことはいつまでも覚えているそうだ。

リヒトも同様、序盤は一匹狼な一面が多いが、ストーリー後半~エンド後は主人公だけには心を許し、甘えた姿も見せてくれる。他者にはクールに振る舞う分「自分にしか気を許していない姿」に特別感を感じることができる。

また、リヒトは王子の中でも特に剣術に優れており、ピンチの時は全力で守ってくれる&めちゃくちゃ強い。絶対的に向けられた忠誠心とそばにいてくれる安心感。そのような部分が狼とリンクし、キャラクターの魅力に繋がっている。

双子の弟ノクトとの関係

f:id:ki46:20210405160242j:plain

リヒトの双子の弟、ノクト=クラインとの関係が良い。

ノクトはノクトで、「兄に母親を殺させてしまった。」「兄の人生を自分のせいで変えてしまった。」という想いから、社交的ではあるが他者と偽りまみれの表面的な関係しか築けず(築かず)、女遊びを繰り返しているキャラクター。兄のリヒトと形は違うが誰にも心を開かずに生きる王子の1人。(モチーフはキツネ)

(ちなみに声優は江口拓也さんで、こんなに女をたらしこむイケボを連発するキャラクターを担当するのは珍しいらしいので気になる方は是非。)

過去の出来事からずっと一緒に支えあってきた双子が引き裂かれることになったが、お互いのストーリーにお互いが登場し、リヒトのストーリーでは直接的ではなくとも兄を大事に思うノクトの一面をみることができる。

エンド後に開催されたゲーム内イベントでは、完全に関係を修復するのにはまだ時間がかかるものの、お互いに歩み寄って会話をする微笑ましいストーリーもあり、言葉なくても理解しあっている双子ならではの絆を感じることができた。




まだまだあるけど長くなるのでここまで。リヒトの「ここ良いよね」ってところを吐き出す場がなかったので、ブログにまとめられてよかった。

アプリは16歳以上推奨だし、ストーリーが進むと夜のチョメチョメなシーンとかセリフが増えてくるけど、そこまで過激でもない...かな?あまりテキストでそういうシーンを読むことに慣れてないから、表現がたまにこっぱずかしくなってしまうけど頑張って読んでいるw

ちなみに。

そういうシーンが1番激しめに描かれているのがリヒトなんだなぁ(笑)
初めてできた心を許せる恋人に欲が止まらない感じ。今まで1人で生きてきた反動もあるのかもしれないけど、とにかくイベントのストーリーはベッタベタに甘えてくる。

最近配信されているストーリーはちょっとクール不足を感じるので、たまには元気のないリヒトが見たいですね←

ということで、イケメン王子の第六王子 リヒト=クラインの紹介でした。

 

イケプリ「嘘つき王子と悩めるベル」の各ストーリー感想

f:id:ki46:20210402005040p:plain

今回はノクトのカードがあまりにもかっこよかったので、520回まで完走しました。

f:id:ki46:20210403005915j:plain

ルーク is ハブ。
でもまあ、君は次回の主役だから...。

f:id:ki46:20210403005927p:plain

 

イヴ

好き度:★★
イヴが「いつもと違うものを身につけている」という嘘をついて、何処がいつもと違うのか分からなかったお仕置にベルにキスしたあと、「見つめてくるのが可愛かったから中々本当のことが言えなかった。」と告白するストーリー。

ついた嘘自体はかわいい...というべきなのだろうか。「君にとらわれた自分の気持ちだけはずっと本物だよ。」みたいなセリフが良かった。でもなんかイヴって毎回子供っぽいよね。たぶん言葉遣いの問題だと思うけど。

ラヴィス

好き度:★★★★★
ベルが社交場に疲れてバルコニーに行くとクラヴィスがいる。酔ったふりをしたクラヴィスに連れ出されてまた遊ばれてしまうけど、最後に「酔いつぶれた俺を送り届けた、とでも言って今日もう帰れ。」と言われて、もしかして私が「疲れた」といったから酔ったふりをしてくれた...?というストーリー


良い。とても良い。ストレートじゃない優しさを見せるキャラクターってすごい好感度あがるね。自分も含めてみんなチョロい。「嘘ついて心配してくれるなら、また嘘つこうかな」っていうクラヴィスは最高にミステリアスかまってちゃん。

ジン

好き度:★★

ジンに「俺の言葉が、嘘か本当か見抜ける?」といろいろお題を出されるけど、「ベルの事をかわいいと思ってる」「四六時中キスしたいと思っている」と、ベルが赤面することをたくさん言われてしまって、最後は「本当かどうかはチョメチョメで教えてあげるよ。」というストーリー。


エロいというよりセクハラというか、ジンだから許されてる?いやジンでも許せねぇ...。こういう迫られ方のストーリーあまり好きじゃない。

レオン

好き度:★★★
翌日のデートでしたいことをベルが言うと、「もっとすごい願いを叶えてやるし、なんでも叶えられないものなんてないよ。」とレオンが返す。ベルは「さすがにそれは嘘だよね。」というが、翌日のデートでレオンは「デート中はずっと手をつないで、甘えたいときはすぐに甘えて、自分の好きなお店は全部めぐりたい」というベルのお願いをちゃんと叶え、嘘を本当に変えるレオンをもっと好きになる。というストーリー。

ずっと手をつないでバカップルになってお店巡りって、そこまで難しいことか?って思ったけど、この人国王だったわ。芸能人のお忍びデートみたいなもん?このストーリーだけ「王子が嘘をつく」っていう話じゃないんよね。でも個人的には好き。しかしベルも欲がないというかなんというか、「世界が欲しい」くらい言ッタレって感じ。そんな人をレオンが好きになるかどうかは謎ですけど。

リヒト

好き度: ★★★★★★★★★★★★★★★←推しへのひいき目による加点
「春になったら遠征に行ってしばらく帰ってこない。」とリヒトが嘘をつく。ベルは表面上は元気に振る舞うが実は寂しがっており、リヒトはベルの本音が見れて嬉しくなる。昼間の庭でいつも通りイチャつきはじめ、あま~い時間を過ごし、欲を持たずに生きてきたリヒトが「ベルに出会ってから欲しいものがたくさんできた。手に入れるためならどんな嘘もつくよ。」と言うのを聞いて、ベルは嬉しく思った。というストーリー。

おいィィィ!昼間っから全くけしからん。本編が5万トンを越えるダークで重いストーリーなのに、本編完結以降のイベントは、誰よりもしっぽふってスリスリしてくる犬になるのなんなん。周りはお花が飛んでるのが見えるし立ち絵のリヒトの口角ずっと上がってるんだけど。笑った顔が珍しすぎていちいち笑う度にスクショ撮っていた頃を返して。
あ、ストーリーの感想は「かわいい。」これに尽きます。この前のブログにも書いたんだけど、クール要素が最近全然足りてないから、ベル以外の女にすげぇ素っ気なくしてるリヒトが見たい...見たいけど他の女が出てくるイベントなんて、何というタイトルで開催すれば...(迷いの森)

シュヴァリエ

好き度: ★★★★★★★★★★★★★★★
部屋に書類を置き、直ぐサリエルのところへ帰ろうとするベルの顔を見たシュヴァリエは、「用がある」とベルをベッドにつれていき膝枕をする。疲れがたまっていたベルはそのまま寝てしまい、起きると夜になっていた。ベルはシュヴァリエが自分を気遣ってくれたことに感謝するが、シュヴァリエは「勘違いだ」と認めようとしない。しかし、サリエルのところへ慌てて戻ろうとするベルに「俺から話はつけてある。」と言い、ベルは改めてシュヴァリエの優しさを感じた。というストーリー。

この男、完璧では?
ベッドには乱暴に放り投げるくせに、そのあとベッドの縁に腰かけて自分の膝を"ぽんっ"てたたくシュヴァリエ最高じゃないですか?シュヴァリエ推し生きてる?クラヴィス同様に言葉にしないところは同じなんだけど、クラヴィスは優しさに見えない優しさを見せるのに対して、シュヴァリエは、あからさまに優しい事をしてくれてるのに絶対認めないっていう...照れるなよ...。
媚薬イベの"ベルの髪の毛ワシャワシャしながら「これでも大切にしてるんだけどな...」発言"といい、クリスマスの"ベルにも誰にも聞こえないように「愛している」と囁く"エピソ-ドと言い、ストーリー追加の度に「めっちゃよかった(´;ω;`)」という感想しかないこの男。
唯一の欠点は、イベントストーリー解放のボーダーラインが常時400のせいで課金厨しかこの姿を拝むことができないという点。たまには310ポイントまでおろしてやれよ。読まれないままイベント終了とかシナリオが可哀そうだろ。最高の作品なのに!!!抗議します。

ノクト

好き度: ★★★★★

「風邪をひいた」と嘘をついたベルをノクトが一生懸命看病してくれる。ベルは罪悪感から嘘を告白するけど、ノクトは「謝罪は言葉だけ?」と愛情表現をねだる。最終的には「最初から風邪なんてひいていないことはお見通しだった」と告白するが、「でも看病中にかけた言葉はウソじゃない言葉もあった」と言う。どの言葉は教えてくれなかったけど、思い出される言葉はみんな優しいもので、ベルは嬉しさを感じた。というストーリー。

嘘つき狐王子には嘘が全く通用しない。ストーリーはシンプルでサッパリと終わってくれてよかった。個人的にあまり夜のイチャイチャ展開にもっていってほしくない(そういう終わり方が続いてるからお休みしてほしい)ところがあったし、「あ~ノクトがラストか~~じゃあそうなるんだろうな~~~。」と予想していたけど本当にすんなりとまとめて終わってくれてすごい良かった。あと自分が看病ものが好きということもある。されるのよりするストーリーの方が好きケド...。本心で言った言葉を教えてくれない謎を残すのも好き。もう1度最初から読みたくなるから。

 

最後に

シナリオはこの方が書いてくださったそうで。

ツイッター辿ったら他にもいろいろ担当してくれていた。

  • ジンBDストーリープロット、シナリオ執筆
  • VSイベント~野獣の嫉妬は甘くない~ リヒト&ノクトペアのシナリオ執筆
  • 記憶喪失イベント ジンルートのプロット、シナリオ執筆

VSイベント リヒト&ノクトペア担当ってまじ....?私が凄い好きなやつ...。特にエピローグが好きで、双子両方の本編配信後のストーリーなんだけど尊い絡みが見れるんだよ。何年と顔を合わせてこなかった2人が歩み寄りを見せる絡みが。

今後もこの方が書いたストーリーが見たいな。そして願わくば、ベル以外の女を無茶苦茶クールに扱うリヒト王子を書いてくださいお願いします。(あきらめきれない)